転職をして良かったこと

僕は最初に入社した会社に19年間働いたのですが、無事円満退職をすることが出来ました。


退職したことで得たことは、ストレスの無い生活と時間です。

生み出した時間を使い、勉強の時間に当てています。



というものの、僕の勤めていた会社は長時間労働が当たり前で、
残業時間が平均3時間ぐらいで、朝6時に家を出て、21時に帰ってくるとか普通でしたね。


別に元職場をディスりたい訳ではないんですが、朝起きて、職場に行って、帰って寝る。の繰り返しで、
なんの為に生きてるのか分からなくなっていたんです。


そして、上司とは何故か徹底的に合わなかったですね。自分が社会不適合者なのかもしれないですが、半沢直樹みたいな縦社会?なので、僕には合わなかったです。


けれども、大企業で縦社会、長時間労働って普通ですよね?ほとんどがそうなんじゃないですか?


上司からも部下も責められて、仕事行って寝る。の繰り返しで幸せですかね?



今でも就職活動で大企業は人気らしいですが、

大企業なら縦社会、長時間労働でもしょうがない!
長時間労働でも残業代ちゃんと貰えるし高給料で良いやん!


っと、僕も思ってました。


ここで落ち着いて考えてみましょう。


サラリーマンのトップの時給はいくらかご存知ですか?

5000円らしいです。



ということは、1日8時間で25日働いたとして、月給は100万円、年収はボーナス入れて、1500万ぐらいですか。


手取りは1000万ちょっとでしょうね。


  しれてないですか? トップでこの収入で、もちろんこのトップに上り詰めることなんて、無理ゲーなんですよ。


つまり、サラリーマンでは金銭的にも時間的にも精神的に余裕は無いんです。



時間管理マトリックス



時間管理マトリックス


7つの週間という本で紹介されている「時間管理マトリックス」というのがあります。


まず第1領域が自分の生活費を稼ぐ仕事に使う時間です。これは生活費なので、緊急性が高くて、重要性も高いですよね。


けれども、この第1領域に時間を使い過ぎると、ストレスが溜まって、そのストレスを発散する為に第4領域の時間が増えちゃうんですよ。

パチンコしたり、テレビをダラダラ観たりしちゃうんですね。(ちょっと前の僕だったりする。)

この第1領域と第4領域だけをやっている人って多いと思うんです。


そして、成長しようと思ってる人や収入を上げたい人は第2領域の時間を作っています。

第一領域の時間を抑えて、ストレスを減らすことで第四領域が減ります。第3領域も減らす努力をして、第2領域の時間を作っているんですね。


第2領域とは勉強したり、スキルを磨いたりする時間です。


この僕のブログを書く作業も第2領域にあたります。

今すぐする必要はないのですが、僕の中では重要なことで、ブログを書くことで、ライティングスキルも上りますし、ブログも一生の資産になり、長い眼で見ると収入源になるんですね。


7つの習慣の購入はこちら
完訳7つの習慣 人格主義の回復 [ スティーヴン・R.コヴィー ]


なんか話が逸れてきたので戻しますと、

大企業で長時間労働してもあんまりメリットは無いと思います。

でも、全てを否定する訳じゃ無くて、スキルを磨く為に頑張ってるならアリだとは思いますが、
ただ惰性で長時間仕事するのは意味が無いですね。


僕は今は仕事は8時間きっちりで、そのうち5時間ぐらいしか労働してなくて、合間時間はツイッターやブログネタを考えたりして、家ではブログを書いたりしています。


第2領域のことをしていると、やりたい事をしているので、ストレスは溜まらないですね。


まとめ



  • 長時間労働をしてもストレスが溜まるだけ。
  • 長時間労働を減らし、第二領域の時間を確保する。
  • 第2領域の時間でスキルアップをする。






コメントを残す